照明器具選びで大切なポイント!部屋をおしゃれにするには?スタイリッシュな実例も紹介

こんにちは!momoです

私は「明かり」が大好きです!

おしゃれなバーやレストランのイルミネーションライトも可愛くて好きですが

一番好きなのは夕陽が沈みかける時の明かりがポツポツと灯り始めるころの

まだ夜景ともいえないくらいの景色の明かり

灯りはじめる明かりの一つ一つに、それぞれの生活があるんだな~と

想像(妄想?)すると、ワクワクあったかい気持ちになるのです(少しヤバい奴)

幼少期に、親が共働きで陽が暮れかけるころに母親が帰ってくるのを

窓越しにずっと待っていた切なくも、あたたかいものを思い起こすのかもしれません!

高校時代は照明器具デザイナーになりたい!と思った時期もありました(笑)

設計事務所でも、照明器具の選定は一番夢中になる時間でした

そんな照明器具好きから、今回は

照明器具選びで大切なポイントと、照明器具で部屋をおしゃれにするには?

その提案とスタイリッシュな実例をまとめてご紹介致します

 


照明器具の種類

 

 

A シーリングライト
天井付けの照明器具で部屋全体を明るく均一に照らします

B ペンダントライト
食卓などの空間を照らす吊り下げタイプの照明

C  スポットライト
ポイントを照らすための照明
置物などの装飾品や観葉植物を照らすとおしゃれな空間になります

D ダウンライト
天井に埋め込んで設置しているので、スッキリした印象になります
補助的な使用に使うこともあります

E スタンドライト・フロアライト
ソファー周りやベッドサイドに補助的な明かりとしても使用しますが
インパクトのあるスタンドは、それだけでインテリアの一部になり、空間に奥行きがうまれます

他にも

ブラケットライト(壁掛け)、天井を照らす間接照明があります

 


照明器具選びの大切なポイント

 

①部屋の用途に合わせた照明を選ぶ

リビングルームは、リラックスしてゆったりと過ごしたい場所
温白色系のあたたかい光のシーリングライトを設置して、フロアライトなどの間接照明で補助的な明かりをプラス

キッチンは、
料理がしやすいように手元を照らす手元灯は必要不可欠です
全体を照らすシーリングライトは昼白色がよいでしょう

食卓(ダイニング)は、
ペンダントライトがお勧めです
テーブル中心に照明が降りてくるくらい低めに設置することで料理が鮮やかで美味しそうに見えます
ペンダントライトは、あたたかい電球色がよいでしょう

ベッドルームは、
シーリングライトを設置せず、スタンドかスポット的なライトがお勧めです

子供部屋や書斎などのワークルームは、
真っ白な明かりでキリっと気持ちも引き締まり集中できるように昼白色のあかりがいいですね

 

②ランプを選ぶ時も用途に合わせて

ランプの種類には

白熱灯蛍光灯LEDランプがあります

白熱灯は、以前はトイレや和室やベッドサイドテーブルのスタンドなどによく使用されていました

あたたかい光で様々なところで使用しやすいのですが寿命は短いです

低価格で求めやすいのですが、国内の多くのメーカーが製造を中止しています

蛍光灯は、青白い光で部屋を均一に照らすため事務所や作業部屋、子供部屋などにもよく使用されていました

トイレのような頻繁につけたり消したりするような場所には向きません

寿命は白熱灯よりは長いわりに消費電力が少なく価格帯も低めなので

キッチンの手元灯や、勉強机のスタンド、作業部屋などにおすすめ

LEDランプは、白熱灯や蛍光灯に比べて寿命が最も長いうえに消費電力が低く

さまざまな明かりの色があるので、いろんな用途に応じて対応できる一番おすすめのランプです

価格帯は、高めになりますが、寿命がかなり長いので結果的にはお得です

 

③器具の設置場所にも気を付けよう

住宅の場合は、脚立でも手の届かないような場所には設置しないように

した方がメンテナンスが楽です

リビングの吹き抜けの天井や、階段の踊り場、他にも壁の高い位置につける

ブラケット(壁掛け照明)の設置も出来るだけ避けた方が良いでしょう

※失敗例
私の実家は吹き抜けの下がダイニングになっているのですが、ちょうどテーブルの上にくるあたりに
つけた照明のホコリが気になったり、ランプの取替にも苦労ししました

 


照明器具で部屋をおしゃれにするには?

 

照明器具の効果は、日中と夜に分けられます

日中のインテリア的に照明器具の存在感も加えておしゃれにしたい場合は

リビングに存在感のあるデザイナーズのフロアスタンドや

「ルイスポールセン」のペンダントを吊下げることで、おしゃれ感は増しますが高価格帯なので、

ノーブランドでも爽やかなグリーンリーフがあしらわれたようなペンダントライトを

吊り下げるだけでも空間がおしゃれになりますよ♪

また、モロッコのペンダントライトは、アジアンテイストですが独特の鮮やかさがとっても素敵です!

かなりインパクトがあるので、壁の色や家具を逆に照明に合わせないと部屋になじまず浮いて見えちゃいそうです!

 

上は、100均の材料で作ったライトです!10分もあれば出来る簡単ライト!

昼間はインテリア的にも、夜にはリビングのサイドテーブルの上などで彩りを加えてくれます

何点か直ぐにつくれる作品がありますので改めて紹介させていただきます

夜の照明だけにこだわった場合は

単純にシーリングライトは点けずにスタンドやボールランプなどの間接照明だけで、

明かりを演出すると空間的にも奥行きが出て思いっきりリラックス感が増します!

 

 

スタイリッシュな実例

 

こちらは、会社の別荘の玄関から入って個室へと繋がる廊下

左手にダイニングとリビングがあります

日中は、足元のガラス窓から自然光がさして、いい雰囲気!

日が暮れると足元のサッシ上部のライトが点灯!床に光が反射し廊下が

スタイリッシュなカッコイイ廊下にするには勿体ない空間になります

 

こちらはキッチン!かなりスッキリとしています

天井にはライン状にランプが埋め込まれているところもスタイリッシュ!

 

こちらは、個室の天井

4つの四角いマス状に天井をくりぬき、そこにダウンライトを埋め込んでいるので

スッキリしていておしゃれな手の込んだ演出に感動でした

 


照明器具選びで大切なポイント!部屋をおしゃれにするには?実例も紹介まとめ

 

今回は、照明器具の種類、照明器具選びで大切なポイントと、照明器具で部屋をおしゃれにするには?

その提案とスタイリッシュな実例をまとめてご紹介致しました

・照明器具の種類
シーリングライト
ペンダントライト
スポットライト
ダウンライト
スタンドライト・フロアスタンド
ブラケット・照明器具選びで大切なポイント
①部屋の用途に合わせた照明を選ぶ
②ランプを選ぶ時も用途に合わせて
③設置場所にも気をつけよう・照明器具で部屋をおしゃれにするには?
日中のインテリア的に照明器具の存在感も加えておしゃれにしたい場合
存在感のあるデザイナーズの照明を設置するとおしゃれ感は増しますが高価格帯なので、
ノーブランドでもグリーンリーフがあしらわれたようなペンダントライトなど吊り下げるだけでも空間がおしゃれになる
夜の照明だけにこだわった場合は、単純にシーリングライトは点けずにスタンドやボールランプなどの間接照明だけで、
明かりを演出すると空間的にも奥行きが出て思いっきりリラックス感が増す・スタイリッシュな実例を紹介しました

照明器具は好きなのはデザインを全部つくってみたいくらい大好きです!

魅力的な照明を見ているだけで、ワクワクするのですが出来れば製作したいので

海外のハンドメイドの照明製作の動画を見るのは楽しいです

以前に、カーテン製作を友人に教わりながらしたことがあり、その時に

輸入生地が全品半額のショップで、ラルフローレンの素敵な柄の生地に一目ぼれし

その生地で寝室のカーテンを作りました

余った生地でランプシェードをつくったのですが出来上がった時は感動でした!

今は色あせていますが可愛かったですよ♪

ダイニングのキラキラペンダントもつくったり楽しく製作していました

落ち着きましたら、いろんな照明づくりに再チャレンジしていきたいと思います!!

最後までお読みいただきありがとうございました

 

最新情報をチェックしよう!